MTG 雑記

【2022年4月1日発売】ジョーク・セット『Unfinity』のエターナルカードについて考える【EDH】【統率者】

ネタがあるうちに書きたいTaisaです。

今回も引き続き2022年4月1日に発売する『Unfinity』について語っていきたいと思います。

ジョーク・セットということでスタンダードから統率者までのレギュレーションで使えるカードがないかと思いましたが、どうやらエターナルフォーマット(ヴィンテージ、レガシー、EDHなど)では使えるカードが何種類か収録されるようです。

ヴィンテージやレガシーといったフォーマットは選ばれた人間しかできないフォーマットだと初級者レベルの私でもわかるので深く考えませんが、統率者は嗜んでいるのでそちらの観点で注目していきたいと思います。

表向きはジョーク・カードという体裁なのでどちらかというと統率者で活躍するようなカードが多数出てくるのではないかと密かに期待しているので楽しみにしています。

それでは今回発表されているカードを見ていきましょう。

 

 

発表されたエターナルカード達

人体切断トリック/Saw in Half

クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。そのクリーチャーがこのように死亡したなら、そのコントローラーは、

それの基本P/Tが端数を切り上げた半分であることを除き、そのクリーチャーのコピーであるトークンを2体生成する。

 

人体切断トリック』は自身のクリーチャーも対象が取れることから、EtB能力が強力なカードを2倍にして使いまわしたり(オリジナル含めると計3回)、誘発効果持ちのクリーチャーを2倍に増やしたりと悪さができそうなカードに思えました。

選定された行進』や『似通った生命』などのトークン生成が2倍になるカードと組み合わせると無限の可能性がありそうです。

 

宇宙家族ゴブリンソン一家/The Space Family Goblinson

このターンあなたがサイコロを3つ以上振っている限り、これはトランプルを持つ。

あなたがサイコロを振るたび、これに+1/+1カウンターを1個乗せる。

 

サイコロを振る数が3つ以上でトランプル付与なので『フォーゴトン・レルム探訪』で収録された『バーバリアン・クラス』なんかは色も効果も相性が良いように感じます。

ダイス関係のカードは『フォーゴトン・レルム探訪』で複数枚追加されたので更に相性の良いカードがあるかもしれません。

 

 

おわりに

如何だったでしょうか。

現在公開されているのは上記2種になります。

『ゴブリンソン一家』は何故かショーケース版も併せて紹介されましたが、おそらくこれはコレブが発売するからでしょう。

今後発表されるエターナル環境で使えるカード達には非常に興味があります。

統率者戦はカジュアル勢なのでネタカード的なのが大量に追加されるのを期待しています。

Unfinity』のカードに関しては今後も色々記事を書いてみたいです。

それではまた!

 

 

検索

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taisa

職業:自営業 ブログ内容:主にMTGメインで集めており、統率者を主戦場として活動しております。 他TCG(遊戯王、ポケカ)も多少なりとも集めています。あとは玩具の紹介などです。基本的には雑記ブログですが、訪問していただいた方々が満足できるような情報も発信していけるよう努力する所存です。

-MTG, 雑記
-, , , , ,

© 2024 T.S.Blog Powered by AFFINGER5